雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠とは >睡眠不足が招くリスク

睡眠不足が招くリスク

「寝不足で死んだ人はいない」と良く言われます。寝不足が続けは、人は死ぬ前に寝てしまいます。そう言う意味では、寝不足で死ぬことはありません。しかし、体と脳を休ませるための睡眠が十分でない睡眠不足は、心身にさまざまな影響を及ぼします。まず集中力、判断力、記憶力が低下し、気分がうつぎみになり、不安感が強くなります。何より、日中に耐え難い眠気に襲われ、ミスや事故を起こしやすくなります。
慢性的な睡眠不足は、体にもさまざまな影響を及ぼします。まず、インシュリンが分泌されているにもかかわらず血糖値が下がりにくくなる耐糖脳低下という状態になり、寝不足が数日続いただけで、血糖値が上がります。このため、糖尿病の人は、病気を悪化させるおそれがあります。
さらに、交感神経が緊張して血圧が上がりやすくなります。実際、高血圧の人が不眠症の場合、睡眠薬で眠れるようになると血圧が下がることもあります。また、疫学調査によると、睡眠不足は免疫機能を低下させ、生活習慣病や心疾患のリスクを高くするという統計結果が出ています。寝不足が続くと風邪を引きやすくなるのは、免疫機能が下がっているからなのです。
夜中に仕事をしていると、つい食べ物に手が伸びてしまいますが、これは睡眠不足のせいで、食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌が抑えられ、食欲増進ホルモンであるグレリンの分泌がさかんになるためです。睡眠不足になると食欲が増加してたくさん食べてしまうので、慢性的に睡眠不足が続くと太りやすくなります。

慢性的な睡眠不足は心身にさまざまな影響を及ぼします
 ⇒集中力や判断力の低下
 ⇒気分がうつぎみになる
 ⇒血糖値が上がる
 ⇒血圧が上がる
 ⇒免疫機能の低下
 ⇒生活習慣病や心疾患のリスクが高くなる
 ⇒食欲が増加する



posted by 綾波 at 16:11 | 睡眠とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。