雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠とは >スムーズに眠りに入るには

スムーズに眠りに入るには

人は夜眠って、朝起きます。それには2つの理由が考えられます。1つは、日中の活動によってピークに達した疲労を回復するため、もう1つは、生体時計といわれる体内のリズムで夜になると眠くなるというものです。
私たちは地球の自転周期に合わせて1日を24時間で暮らしていますが、人間が固有に持っている体内リズムはもう少し長くて、約25時間の周期を考えられています。つまり、体内リズムにしたがっていると、毎日1時間のずれが生じるわけです。このずれを調整しているのが、光や会社、学校に通うなどという社会的因子、食事、運動、温度や湿度などの環境的因子です。なかでもリズム調整にもっとも大きな役割を果たしているのが光です。朝、太陽の光を浴びると、生体時計はリセットされ、それによって1時間のずれが調整され、毎日同じ時間に眠くなり、同じ時間に起きられるというわけです。

〜夜にスムーズに眠りに入るためには以下のことが大事です〜
光     朝起きて太陽の光を浴びると生体時計がリセットされる
食事    規則正しく三度の食事を摂ることでリズムが整う
運動    日中体を動かして深部体温を上げ、夜は静かにして
      深部体温を下げる
環境    昼夜の温度や湿度の差が体に活動期と休息期を
      感じさせる
社会的因子 決まった時間に学校や会社に行くことでリズムが整う
posted by 綾波 at 16:11 | 睡眠とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。