雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠障害の種類 >入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害

不眠の症状には、大きく分けて4つあります。
なかなか寝つけない「入眠障害」。夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」。朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」。ぐっすり眠った気がしない「熟眠障害」。この4つが、主な不眠の症状です。なお、中途覚醒の場合、再び眠るまでに時間がかかる「再入眠困難」と伴うのが一般的です。夜中に目が覚めてトイレに立つと、再び眠るまで30分以上かかるというのは、「再入眠困難」のケースといえます。
入眠障害には年代的な差はありませんが、中途覚醒、早朝覚醒は年代が上がるにつれて生理的に眠りが浅くなるためです。早朝覚醒は、高齢になると生活時間帯が前倒しになりやすく、その結果、夜は早くから眠くなり、朝早く目覚めてしまうことも一因と考えられます。入眠障害だけに悩まされている人もいますが、2つ以上の症状に悩まされている人も多くいます。

〜不眠の4つの症状〜
入眠障害 床についてから30分以上寝つけない
中途覚醒 夜中に何度も目が覚める。再び眠るまでに時間が
     かかることが多い
早朝覚醒 予定の起床時間より2時間以上早く目が覚める
熟眠障害 睡眠時間の長さにかかわらず、ぐっすり眠ったという感じ
     が得られない

〜年齢とともに中途覚醒と早朝覚醒が増える理由〜
高齢になると・・・
生理的に眠りが浅くなる⇒中途覚醒
閉塞性睡眠時無呼吸症候群になりやすい⇒眠りが浅くなり分断される
⇒中途覚醒
周期性四肢運動が起こりやすい⇒眠りが浅くなり、分断される
⇒中途覚醒
夜中にトイレが近くなる⇒中途覚醒
生活時間帯が前倒しになり、夜早くから眠くなり、朝早く目が覚める
⇒早朝覚醒
日中の運動量が減るので疲労も少なく睡眠が長く続かない⇒早朝覚醒


posted by 綾波 at 16:12 | 睡眠障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。