雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠障害の種類 >原因わからないのに眠れない「不眠症」

原因わからないのに眠れない「不眠症」

不眠の原因は、身体疾患、精神疾患、リズム障害、薬物など、さまざまです。精神疾患のなかでも、うつ病は自分で気づかないこともあり、注意が必要です。
不眠の原因はいろいろあります。一番多いのは、痛み、かゆみ、あるいは腎疾患、心疾患などの身体疾患に伴う不眠、リズム障害に伴う不眠、異常呼吸、異常運動など、睡眠中の異常現象に伴う不眠、薬物による不眠があります。
パーキンソン病の薬、甲状腺ホルモンや高血圧の薬の一部、気管支喘息の薬、インターフェロンなどの免疫機能に作用する薬、ステロイド製剤などは不眠の原因となることがあり、症状は入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などさまざまです。
これらの原因に何も心当たりがないのに、不眠の症状があるのが、いわゆる「不眠症」になります。

〜不眠の原因はいろいろあります〜
精神疾患
 ⇒統合失調症
 ⇒うつ病など
身体疾患
 ⇒痛み、かゆみ
 ⇒腎疾患
 ⇒心疾患
 ⇒糖尿病
 ⇒高血圧など
概日リズム睡眠障害
 ⇒睡眠相後退症候群
 ⇒睡眠相前進症候群
 ⇒非24時間睡眠覚醒症候群
 ⇒不規則型睡眠覚醒
睡眠中の異常現象
 ⇒閉塞性睡眠時無呼吸症候群
 ⇒むずむず脚症候群
 ⇒周期性四肢運動
 ⇒若年型の寝ぼけ
 ⇒高齢型の寝ぼけ
薬物
 ⇒パーキンソン病の薬
 ⇒甲状腺ホルモン、高血圧の薬の一部
 ⇒気管支喘息の薬
 ⇒インターフェロンなど免疫機能に作用する薬
 ⇒ステロイド製剤など
どれも思い当たらないけれど、眠れない
 ⇒不眠症

posted by 綾波 at 16:13 | 睡眠障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。