雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠障害の種類 >「睡眠薬」の副作用は非常に少ない

「睡眠薬」の副作用は非常に少ない

世界のさまざまなデータを診ても、高齢者を除いて、毎日1錠程度の睡眠薬を長期間使用しても、身体的、精神的な機能に問題がないことが分かっています。
不眠症の人には睡眠薬が処方されます。睡眠薬というと、「睡眠薬自殺」を連想して、体に良くない、飲み続けるとボケるなどという人がいますが、そのようなことはありません。昔の睡眠薬は呼吸機能や循環機能を抑制する作用があったため、大量にのむと死に至ることもありました。また、依存性も高く、飲み始めるとやめられないこともありました。しかし、最近は呼吸機能や循環機能に影響を与えない睡眠薬の開発が進み、現在処方されている脳の中のベンゾジアゼピンという受容体に作用する睡眠薬は、こうした副作用はほとんどありません。
睡眠薬の副作用でいちばん問題なのは、睡眠作用が必要以上に残ってしまうことです。翌朝まで残ると、朝起きられなくなりますし、注意力、集中力が低下して、作業能率も下がります。しかし、現在では半減期(薬の効果が半分に減るまでの時間)短い薬剤が多く、そのタイプらならほとんど心配はいりません。ただし、高齢者は代謝が悪く、薬の作用が翌日まで残るときがあり、夜中に目が覚めてトイレに行くときなどに、ふらついて転倒することもあるので、服用するときには注意が必要です。
現在、睡眠薬治療を受けた人の半数以上は、睡眠薬なしで眠れるようになって慰安す。「どんどん量を増やさなくては効かなくなるのではないか」と薬に対する体制を心配したり、「薬なしでは眠れなくなるのではないか」と依存症を心配する人がいますが、医師の指導に従って適正に使用していれば、量が増えることも、副作用を心配することもありません。現在、さらに有効かつ安全な新薬の開発がさかんにすすめられています。

〜睡眠薬とほかの薬との併用には注意しましょう〜
ベンゾジアゼピン系睡眠薬と併用すると、睡眠薬の効果を弱めたり強めたりする薬があります。

睡眠薬の効果を弱める薬
 消化管で吸収を抑制する
  ⇒制酸剤
   代謝を促進して、睡眠薬の血中濃度を下げる
  ⇒抗結核剤(リファンピシン)
   抗てんかん剤
   (カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタール)
睡眠薬の効果を強める薬
 中枢神経系に抑制的に作用する
  ⇒抗ヒスタミン薬、バルビツール酸系薬剤、
   三環系・四環系抗打つ薬、エタノール(アルコール)
 代謝を阻害して、睡眠薬の血中濃度を上げる
  ⇒功真菌薬(フルコナゾール、イトラコナゾール)
   マクロライド系抗生剤
   (クラリスロマイシン、エリスロマイシン、ジョサマイシン)
  ⇒カルシウム拮抗薬
   (ジルチアゼム、ニカルジピン、ベラパミル)
  ⇒抗ウイルス薬(インジナビル、リトナビル)
  ⇒抗潰瘍薬(シメチジン)
※グレープフルーツジュースも睡眠薬の代謝を阻害して、
 睡眠薬の血中濃度を上げるので、一緒に飲まないほうがよい。

posted by 綾波 at 16:13 | 睡眠障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。