雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 睡眠障害の種類 >高齢型の寝ぼけ「レム睡眠行動障害」

高齢型の寝ぼけ「レム睡眠行動障害」

若年型の寝ぼけが睡眠前半のノンレム睡眠時にあらわれるのに対して、睡眠後半のレム睡眠時に起こるのがレム睡眠行動障害です。特に高齢者に多い病気です。
レム睡眠時は、脳は活動しているけれど、筋肉が弛緩するのが特徴です。ところが、何かの拍子に筋肉を動かすスイッチが入り、レム睡眠時でもかかわらず体が動くようになってしまうのが、「レム睡眠行動障害」です。大人になってから発症する寝ぼけで、患者の大半は60歳以上の男性、有病率は高齢者人口の約0.5%です。
夢の中と同じ行動をするので、夢の中の敵から逃げ出そうとしたり闘ったりしているときには、立ち上がって走り出したり、隣に寝ている人に暴力をふるったりすることがあります。体をゆすったり大きな声で呼びかけると目が覚めて、異常行動がやみます。自然治癒することはなく、症状は徐々に悪化します。最初は寝言から始まり、だんだん手が動くようになり、そのうち起き上がるようになります。そして、立ち上がったり、暴れるようになり、頻度が増してきます。有効な治療薬があり、それらを用いればほとんどの患者さんがよくなります。この病気はパーキンソン病など神経系の病気の前駆症状として起こることもあるので、神経疾患に移行しないかチェックするためにも、専門医を受診する必要があります。
高齢者が夜中に暴れて大声を出すものに「せん妄」(せんもう)があります。身体的な病気や大手術が引き金となって起こることがほとんどですが、生活のリズムが不規則になると、健康な高齢者でもせん妄を起こしやすくなります。レム睡眠行動障害とは異なり、叩いたり揺すったりしても治まらず、何時間も続きます。レム睡眠行動障害とは治療法も異なるため、区別することが重要です。

posted by 綾波 at 16:16 | 睡眠障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。