雑貨
ABCクリニック2
快適睡眠案内 快適睡眠のコツ >休みの前日は早寝をする

休みの前日は早寝をする

ふだん自分に必要な睡眠時間がとれない人は、毎日毎日「睡眠不足のツケ」がたまっていっている状態です。睡眠不足のツケを払わずに睡眠不足の状態が続けば、いつかは倒れてしまいます。睡眠不足が生活習慣病のリスクを高くすることは、いくつものデータで証明されています。
休日はいつもより長く寝ることで、日ごろの睡眠不足を補いましょう。ただし、いつまでも寝ていると体内リスムが乱れてしまい、休み明けの朝になかなか起きられなかったり、日中にだるさを感じるなど、元気に過ごせなくなることがあります。体内リズムを乱さないようにするためには、休みの前日は早く寝て、朝はいつもと同じ時間に起きることです。それでも足りない場合には起きる時間を遅くしてもかまいませんが、ぜいぜい2時間以内の寝坊に抑えましょう。いちばんいけないのは、次の日が休みだからといって夜遅くまで遊び歩き、昼過ぎまで寝ていることです。これでは健康は維持できません。

〜日ごろの睡眠不足のツケを払う休日の過ごし方〜
必要な睡眠が毎日2時間ずつ不足する日が2週間つづくと、一晩徹夜したのと同じ状態になります。脳の活動はビールを1〜2本飲んだのと同じ程度になり、集中力や判断力が著しく低下します。休日に睡眠不足を補うためには、遅くまで寝るのではなく、前日の夜早く寝ることが大切です。
posted by 綾波 at 16:18 | 快適睡眠のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。