雑貨
ABCクリニック2

睡眠とは

必要な睡眠量というのはそれぞれ個体差があり、一般的に必要な睡眠量は6時間から8時間の場合が多いといわれています。
統計的には睡眠時間が7時間の場合に平均余命が最も長くなることが分かっています。
睡眠が不足した場合に最も影響のある精神活動は集中力となっており、計算能力・記憶能力・連想能力などはあまり低下はしません。
また睡眠の取りやすさにも個人差があり、入眠時の身体状態や精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同じ人でも状態による差が大きくなります。

タグ:睡眠とは
posted by 綾波 at 16:10 | 睡眠とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。